経営

経営

杉森由政

取締役CTO 杉森由政

IT業界の慣習に囚われない
「徹底した顧客目線」を貫く理由

スキルアップを優先すると、見失ってしまう視点がある。

──まずは自己紹介とFabeeeの開発組織の状況についてお伺いできますでしょうか?

杉森:私はFabeeeのCTOとして、新規プロダクトの開発や組織づくりにフォーカスした仕事をしています。以前はSESの会社で、受託開発の部門で働いていました。エンジニアの勉強を始めたのは就職してからなので、特に技術者というバックグラウンドがあったわけでもなく、特別な資格も持っていませんでした。

 組織としてはまだまだ発展途上で、やりたいことはたくさんあります。現状の問題としては、案件業務の内容が煩雑化していることと、まだまだエンジニアが足りていない状況が挙げられます。そんな中においても、やる気のある方が一日でも早く活躍できるような会社を目指しています。そのためには、いくつかのプログラミング言語やフレームワークがある状態を統一をしていくことが急務だと考えています。また、案件を進める際のルールやガイドラインを整備し、手順通りに業務を行うことで、安全で高品質な納品を可能にしていきたいと考えています。

 

──どの様な素養があるエンジニアの方だと活躍出来るのでしょうか?

杉森:「何を満たしていればユーザーは喜んでもらえるのか」を考えられる人を求めていますね。技術者の中には「自分の技術力を高めたい」とか「キャリアアップしたい」と考えて、使ったことない技術にチャレンジしようとしがちです。ただお客様にとって、システムがどういう言語やフレームワークで動いているかということはあまり重要ではありません。つまり「エンジニアが作りたいもの」と「お客様が欲しい物」は別物だということです。

 それを踏まえると、技術志向ではなく相手の立場になって考えることが重要だと思います。クライアントのニーズを満たしたい、課題解決をして貢献したい。「困っている人を助けたい」という意志がベースにある人のほうが良い仕事ができると考えています。私たちはその意志のもとに集まっており、いつも同じベクトルを向いています。

 他には、スキルアップよりも「好きだから」というシンプルなモチベーションだと良いですね。好きこそものの上手なれと言うように、技術力は手を動かしていれば自然と身についてきますね。

 

──エンジニアは専門的な仕事なのでスキルの話に目が行きがちですが、クライアントにとって最適なものを最短で作るという価値観が重要なのですね。

杉森:誰かが困っていることを代わりに解決することでお金のやり取りが発生するわけですので、そう考えればエンジニアでも営業マンでも目的は同じですよね。もっというとプログラミングはただの手段なので、極端な話、プログラミングでなくてもいいのです。私は1行でもソースコードを減らしたり、他の人でもできるようにしたりすることばかり考えていますね。開発をせずとも既製品で解決するのであれば、それを買ってもらったほうが早いですし。お互いが幸せになる方向を考え続けていますね。

 

言語やツールを減らすことが、お客様満足度に直結する

──使用する言語やフレームワークを絞っているということでしたが、具体的には何を使われていらっしゃるのかと、それを選んだ理由を教えて頂けますか?

杉森:言語はPythonで、フレームワークはDjangoがバックエンド側でメインになっています。フロント側ではVue.jsというフレームワークをメインにしていくつもりです。Pythonはここ4~5年、AIの台頭と共に注目されてきた言語です。私は技術者になった頃から注目をしていたのですが、主に自然科学や計算といった数学的な用途で使われており、統計学などをベースにした開発をするときに便利でした。もちろんWeb開発もできますので、汎用性が高く、やりたいことがなんでもできる言語です。

 AIを作るスキルとWEBシステムを開発させるスキルというのは、いわばエンジニアとデータサイエンティストぐらい違うものですが、ソースコードレベルで意思疎通ができて、一つの言語でシステム完結することができるというところが魅力的です。もちろん他の言語でもできないわけではありませんが、Pythonの方が比較的情報が多いという利点があります。いろいろなことができるけど、絞って勉強すればすぐに書けるようになるという、学習コストの低さに惹かれて選びました。

 

──フレームワークについてはいかがですか?

杉森:ユーザーの待機時間やロードにかかる時間、使う人にダイレクトに影響できるフレームワークが、フロント側のフレームワークになります。今はReact.js、Angular.js、Vue.jsの3種類の中から選ぶのが主流ですが、弊社では学習コストが一番低いと言われているVue.jsを設定しています。ポイントは学習コストの低さと、バックエンドとそれぞれでフレームワークを決めているところです。

 言語やフレームワークを統一するメリットは、案件にアサインしている人になにかがあったときでも応援をしやすくなる点です。最近はコロナウィルスの流行もありますので、いつ誰に何が起こるのかわかりません。例えば担当者がコロナになって開発がストップするようなことがあれば、お客様は期限通りに欲しいものが手に入れられなくなってしまいますので、それを防ぐためにも、言語の統一は必要不可欠です。あとは、共通の言語を使用して開発することで、技術者同士のコミュニケーションも生まれたりもします。

 

──どのプロジェクトに行っても、同じ言語で仕事ができるのは魅力的ですね。質問を変えまして、お仕事におけるやりがいや面白さなどについて教えて頂けますでしょうか?

杉森:一番大きいやりがいは、ダイレクトにお客様に「ありがとう」と言ってもらえるところでしょうか。弊社では、受託においては技術スタックなどの選定理由はありますが、SESの技術者派遣サービスではそういう縛りはありません。お客様先に常駐してお客様の案件をやることが、SESの仕事になりますので、この場合はお客様の環境に準拠する必要があります。ですので、いろんな新しい事にチャレンジしたい場合は、SESという選択肢もアリです。会社の中で部署異動はできますし、キャリアを自由に組み立てていけるというのがSESのメリットです。

 一つのものをたくさんの言語で作れる人と、一つの言語でたくさんのものを作れる人と、技術力が高いのはどちらかというと、お客様の課題解決を重要なポイントとして考えると、間違いなく後者かなと思っています。そのため、100通りのお客様がいるから業務が定常化するということは、そんなにありません。

 

IT企業界に横行する「横文字マウント」

──その100通りのお客様に合わせてどういうことをカスタマイズしていくのか、というビジネス思考を聞いてみたいです。

杉森:ここ数年は、IT企業ではないお客様が増えています。そもそも”IT”とか”システム”をあまりご存知ない状態であり、よく分からないからお金を払ってプロに依頼しているわけです。でも往々にして、IT企業は横文字の難しい専門用語を頻繁に使ってしまうので、お客様との意思疎通ができず齟齬が生じてしまいます。そういう意味で、いかに横文字を使わずに説明するかということに気をつけています。お互いの認識がちゃんと一致してプロジェクトが進んでいるから、案件が安全に進められて、お客様満足度が上がるのです。

 

──いわゆる非ITの人も理解できるように、相手と同じ言葉を使って意思疎通するというのがポイントですね。

杉森:何も知らない相手に対して、知識でマウントを取ってもしょうがないですからね。お客様のビジネス課題にちゃんとフォーカスして、それを解決するシステムを提供するほうに注力すべきです。しかし、その場合は普通に依頼されて作るだけの案件よりも、ちょっとレベルが高くなる印象はあります。だからプロジェクトメンバーにITコンサルタントやデータサイエンティストが参画してくるケースもありますし、PMは技術者よりもビジネスに寄っている人が多かったりします。仮に開発業務が定常化していたとしても、メインは課題解決の部分ですし、そこにビジネスの面白さを感じています。

 

究極、開発費なんて0円でいい

──クライアントもプロジェクトメンバーも一緒になって、課題解決という一つの目標に向けて考える。だからこそ技術力や学習コストではなく、課題解決の部分に頭を使うというイメージでしょうか?

杉森:そうですね。開発にかかる時間をなるべく減らして、その余剰時間でお客様とディスカッションとか認識のすり合わせなど「二人三脚の部分」に時間を使っていくべきかなと思っています。

 

──エンジニアでも直接クライアントとの接点やコミュニケーションも多く、真の課題解決のための仕事という感じですね。

杉森:そうですね、そこは常に目指している部分でもあります。新規事業でシステム開発をすると、もちろん開発コストがかかります。お客様にとってはシステムができた後のほうが勝負なのに、開発コストで予算が尽きてしまっては、そこからどうやってビジネスを大きくしていけばいいのか、となりますよね。そう考えたら開発コストは可能な限り圧縮して、そのあとのマーケティングなりデータサイエンスなどの、ビジネスが成長するためのところにお金を使ってほしいという想いがあります。究極、開発なんか0円でやればいいと思っています。最終的にそうなるために、我々は業務の効率化を進めています。それができるように開発をマニュアル化したりしていくことで、誰でも早く活躍していけると考えてますし、そのために、ある程度技術やツールを絞り込んでいく必要があるわけです。

 

──そうなると、一緒に働きたい人のイメージはとても明確ですね。技術屋としての働き方を求める人ではなくて、いかにお客様のビジネスを大きくするかということを念頭に置いて、物事を考えられる人ですよね。実際に御社のエンジニアの方々は、効率化に対してどのように取り組まれていますか?

杉森:カスタムフレームワークと言ったら難しいですけども、メインでやっているのは「情報共有」や「ナレッジマネジメント」をしっかりすることです。誰が何で困った、どうやって解決した、これを試したら失敗した、このような情報をどんどん蓄積して、それらを簡単に使えるようにするために、社内ツールも開発しています。あるいは使いまわせるソースコードや、再現性の高い開発を意識しておくことです。「あっちのプロダクトの中で使っていた仕組みがこっちの案件でも使えそう」という風に、効率化を意識して開発しています。

 

──リモートワークによってエンジニアの方たちは孤独を抱えがちだと思いますが、むしろ御社は情報共有やコミュニケーションが活発である印象を受けました。そのあたりは意識されていることや、御社らしい特色はありますか?

杉森:弊社は「オンラインとオフラインの境界線を無くす」という標語を掲げていますが、実現するのは非常に難しいものかもしれませんが、例えば「オンラインでもオフラインでも同じことができること」が一つ境界線がない状態と思っています。「出社しないとできない事」をなくし、リモートワークでも出社と同様の感覚で働ける状態が望ましいです。そのために我々が取り組んでいるんでいることとしては、例えばツールを使って一定時間通話をつなぎっぱなしにしながら開発したり、定例の回数を増やしたりしています。あとは新規事業の部署ではコーヒーブレイクタイムと言って、午後4時になったらみんなでコーヒーを飲む会があったりします。このビジョンを掲げているからには、言うだけでなく実際に取り組む必要がありますので、ここは常に意識しているところです。

 

エンジニアである前に社会人であれ

──画面上で一緒にコーヒーを飲むというのも、ある意味オンラインとオフラインの境目が溶けている感じがして面白いですね。社長の佐々木さんにお話を伺ったときは、未来志向を持つ社員が望ましいとおっしゃっていました。杉森さんは未来志向という点についてはどうお考えですか? 

杉森:はい、未来志向を持っていてくれたら嬉しいですね。

 

──では改めて、杉森さんが一緒に働きたい社員の人物像はどういう人でしょうか?

杉森:「プログラミングはあくまで手段で、たまたまそういう仕事についているだけだ」くらいに思っている人がベストです。未経験採用や若手採用のときによく言っていることなのですが、エンジニア以前にしっかりとした社会人であってほしいのです。報連相(ほうれんそう)など、ビジネスマンとして当たり前のことが当たり前にできないと、その先のエンジニアという専門職にはなれません。「エンジニアだからコミュニケーション能力が低くても許される」なんてことはないですが、逆に言えばそれさえできればあとはどうとでもなります。

 

──「クライアントの課題解決をしたい」という顧客目線についてのこだわりや思いはありますか?

杉森:とにかく責任感を持っているかどうかです。期限やコストに対する意識の強さとか、約束を守れるかどうか。お客様は待ってくれないので、やると決めたことは最後までやりたいですね。それも人として当たり前のことですし、それの積み重ね以外にビジネスはないと思っています。

小さな会社だからこそのメリット、最大限に生かすには?

──技術はあくまでも手段であって、クライアントの問題解決をすることが真のゴールだということですね。最後の質問になりますが、杉森さんから見た御社の魅力はどういったところでしょうか?

杉森:「組織の小ささ」ですね。十数年の歴史はありますが、まだまだ50人いかないくらいの小さな会社です。そういう会社は、社長でもマネージャーでも、声をかけたいときにすぐそこにいるのが大きなメリットです。従業員数が200名くらいになってくると、社長が社員の顔と名前を覚えないということがよくあります。私たちはまだまだ発展途上なので、そういったことはありません。

 また、人数が少ない分「個人の影響力」が大きいことも挙げられます。従業員数200人と50人を比べたら、1人当たりの影響力は単純計算で4倍になりますよね。つまり自分の思いが浸透しやすいですし、自分の言葉をちゃんと聞いていてもらえる人がそこにいるというのは、大きなアピールポイントです。

 

──役職のある方とコミュニケーションができたり、思いを発信したら受け止めてくれる土壌がある。小さな会社の中に、大きな文化を持っているということですね。

杉森:「一人で考えていること」って、あくまでも一人で考えていることの枠から出ないんですよ。自分の価値観を壊すような、逸脱した発想は生まれにくいものです。ものすごく時間をかけて考えれば生まれるかもしれませんが、それよりも好みや価値観が違う人と会話するほうが手っ取り早いです。だからコミュニケーションの文化は、これからもどんどん進めていくつもりです。月1回やっているオンラインコミュニケーションも、コロナが落ち着いてきたらオフラインへ移行しようとしています。そういう出会いや価値観の衝突によって生まれる新しいものを活用していきたいですね。

難しい物を作ることが偉いわけではありません。ブロックチェーンやAIといった先端技術を生み出せる力があるのなら、それを活かせる会社に行くべきです。弊社は開発を楽しむとか、お客様を喜ばせることを重視しています。これくらいの規模の会社なら、メンバーの意見を取り入れやすいし、それがお客様に反映しやすい。積極的にいろんなことを発信して実現していける環境です。

またチャレンジ領域としては、すでに新規プロダクトや新規事業開発チームで準備をしています。受託開発で一定期間お仕事して興味がわいたら、申告をしてもらえれば私と面談という形になります。その人のキャリアにとって新規事業開発が必要だと判断されたら、異動して開発してもらうということも可能です。

 

──いろいろな人とコミュニケーションを取ったり、お客様と一緒に喜ぶことができたりすることが、ビジネスにおいて重要ですよね。これができている会社は意外と少ないですし、この部分をしっかりと芯にできているのが魅力的だと感じました。

杉森:エンジニアリング以外でも、どんな仕事でもそこが一番大事だと考えています。じゃないと、何が面白くて仕事しているかわからないじゃないですか。だから、当たり前のことを当たり前にやりましょうよっていうのを、格好いい言葉に変換しまくっているのが今日のインタビューです。

 

──社会人としての基礎やお客様への思い、チームへの考えなど、本当に人としてのベースを大事にされているということですよね。

杉森:そうですね。どうしてお客様はそれが欲しいのか、なぜ私たちこのビジネスを始めたのか。このような「なんで?」というのを突き詰めていくと、当たり前にやらなきゃいけないことが自然と浮き彫りになってきます。それをちゃんと一個一個実現してきたのが、今の私たちです。

そして長期的なビジョンというのは、目の前にある当たり前のことができてからの話です。短期的な目線と中長期的な目線の二つあるとして、案件の仕事は半年から1年単位の短期的な目線です。それがきちんとできて初めて、中長期的な計画の実現性が見えてくるわけです。未来であれがしたいこれがしたいというのは簡単に言うことができますが、短期的なことがちゃんとできなければ、会社は潰れてしまいますので、それを実現するために、まずは当たり前のことを当たり前にやること。当たり前のことを土台にして積み上げていった先に「オンラインとオフラインの境界線をなくす」という未来の実現が待っています。

 

 

TOP
TOP